カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

簡単お直し方法

だっこでござるは布とポリエステルクッション材だけで出来ていますので、
ミシン(または手縫い)でお直しが出来ます。
ミシンで直線縫いして、縫い代を祭るだけです。
しばらくご使用の後、ちょっと大きいと感じた場合などのための参考になさってください。
※手縫いの方法ですが、ミシンがある方はもちろんミシンで縫ってください。
  ミシンの場合も、縫いはじめと縫い終わりは返し縫してください。
※目立つように赤の糸を使っていますが、実際は布地と近い色の糸を使ってください。


↑1.だっこひもの背中側から10cm位のところが、折山になります。
(特に決まりはありませんが一番無難な場所だと思われます。)↓
↑2.折り山を中心にして折って(畳んで)ください。↑3.短くしたい分の半分の位置
(たとえば3cm短くしたい場合は1.5cmの位置)
を縫います。
糸は2本取りで縫い始めは繰り返し2重縫いします。
↑4.針はまっすぐ立てて、
細かく返し縫で縫っていきます。
最後は縫いはじめと同じように、
ぐるっと2重に縫い付けます。 
↑5.縫い終わりが、ちょっとでこぼこ(^^;ゞ 
でも大丈夫☆
       →     または
↑6.下側に倒します。
縫い代は安全のため絶対切らないでください。
↑7.たて祭りでぐるっと祭って行きます。
 こうすると目立たなくなり、またほつれ防止になります。
厚みが気になる場合は、2箇所止めでもいいでしょう。


8.こんな感じに出来上がりました(^^)
※ご自分でお直しする場合は、ほつれ防止のため
 1.縫い始めと縫い終わりは二重縫いすること。
 2.手縫いの場合は、細かく返し縫いすること。
 3.縫い代は決して切らないこと。
  を必ず守ってください。

ご自分で直された箇所が、ほつれた、切れたなどの場合の責任は負いかねます。

ページトップへ