カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

犬用スリングのご使用方法

《わんこスリング☆だっこでござるWAN!(R)》使用方法一覧

《わんこスリング☆だっこでござるWAN!(R)》ベーシック使用方法
※画像はDカンタイプになっておりますが、現在はバックル式となっております。
1.わんこスリング☆だっこでござるWAN!をご使用者の肩にななめ掛けしてください。
 

 ご使用者のサイズに合わせて紐をひっぱります。
 
 ワンちゃんの入ったポーチを下から少し持ち上げてから、
 紐を下方向に引っ張ると、楽に引けます。

 
 ※安全予備ひもだけの使用は危険です。必ず紐をバックルに掛けて使用してください。
2.ポーチの手前側(ご使用者の体側)の紐を引いて体に合わせて調節します。
 (カンガルーの袋のイメージ)
3. ワンちゃんポーチの中に入れます。
  
 
ワンちゃんが 慣れずに足を突っ張った時は、一旦座った状態で膝に乗せるようにして
 ポーチに入れてください。
 ポーチの底(外側)から、ワンちゃんを素手で抱っこしているような状態を作り
 落ち着かせてから ゆっくり立ち上がると怖がりません。
 ワンちゃんが慣れてきますと、立ったままでも出し入れ出来ます。

4. ワンちゃんの首輪や胴輪に飛び出し防止金具を止めてください。

 
ポーチの口も必要に応じて締めてください。

※画像のナスカンは、現在の商品には付属しておりません。
5.お散歩の途中での抱っこや、足を汚したくない時のちょっとした移動時、
 いつも抱っこをせがむワンちゃんも、素手で抱っこしているように密着するので安心です。
 
 
病院へ行くとき、家事をする時などに便利です。
 慣れてくるとポーチの中でワンちゃんが好きな体制をとって、寝てしまったりします。

 ※モデルのワンちゃんは、超小型犬(チワワ2Kg)にSサイズを使用しているため、
  底にタオルを入れています。
ワンポイントアドバイス
最初は怖がっていたワンちゃんも、慣れるに従って飼い主様と一緒に行動できるスリングの中は、心地いいものなります。
(スリングに対して小さすぎるワンちゃんには、タオルなどを端からクルクル巻いて、底に入れてあげると安定します)
中でくるっと丸まったり、おすわりポーズ、伏せポーズなど、いいポジションを作ることを覚えますので、
最初は素手で抱っこしているように外側から手を添えてあげてくださいね。




だっこでござるWAN!(R) メッシュふた付き 使用方法
※画像はDカンタイプになっておりますが、現在はバックル式となっております。
1.わんこスリング☆だっこでござるWAN!をご使用者の肩にななめ掛けしてください。
 

 ご使用者のサイズに合わせて紐をひっぱります。
 
 ワンちゃんの入ったポーチを下から少し持ち上げてから、
 紐を下方向に引っ張ると、楽に引けます。

 
 ※安全予備ひもだけの使用は危険です。必ず紐をバックルにかけてを使用してください。

2. ワンちゃんポーチの中に入れます。
  
 
ワンちゃんが 慣れずに足を突っ張った時は、一旦座った状態で膝に乗せるようにして
 ポーチに入れてください。
 ポーチの底(外側)から、ワンちゃんを素手で抱っこしているような状態を作り
 落ち着かせてから ゆっくり立ち上がると怖がりません。
 ワンちゃんが慣れてきますと、立ったままでも出し入れ出来ます。




3. ワンちゃんの首輪や胴輪に飛び出し防止金具を止めてください。



4.必要に応じて、メッシュの巾着を締めて使用します。




※オールメッシュタイプ、BOXタイプともに同じ使用方法となります。